知覚過敏の原因と予防法

私が子どものころは、何も気にせず、アイスや冷たいジュースなどを食べたり飲んだりしていました。

しかし、大人になるに連れて、歯の痛みや刺激で冷たいものが食べられなくなりました。

そんな冷たさに起因する歯の痛みや刺激は「知覚過敏」と言い、瞬間的な痛みでも顔をしかめてしまうほどの大きなダメージがあります。

「知覚過敏」は、歯ブラシの毛先が当たるだけでも、痛みや刺激を感じてしまうことがあります。

「知覚過敏」の原因は、歯のエナメル質が磨耗して剥がれ傷ついてしまい、内側の象牙質が露出してしまうために起こります。

象牙質が受けた刺激が、脳に伝わり痛みとなって現われるのです。

歯の表面、外側を覆っているエナメル質は、食事や歯みがきが原因で起こる衝撃などのダメージを緩和し、歯を守る役割があります。

そんな大事なエナメル質が傷ついてしまう原因は、間違った歯みがきです。

口内や歯をきれいにする大切な歯みがきも、ゴシゴシと強く磨くと、エナメル質が傷つき削れてしまうことがあります。

また、年齢と共に下がってくる歯茎が原因で起こる「知覚過敏」もあります。

エナメル質がない歯茎は象牙質が露出しやすく、歯みがきなどの衝撃を受けると、「歯がしみる、痛くなる」という「知覚過敏」の症状が現われます。

「知覚過敏」にならないためには、ゴシゴシ磨かない適度な歯みがきをすること、毛先の柔らかい歯ブラシを使うことなどに気をつけることが大切だそうです。

しかし、もしも「知覚過敏」になってしまったら、歯科を受診して治療を受けるようにしましょう。

食事のときに辛い思いをしないためにも、適切な歯みがきを行い、歳を取っても健康な歯でいられるようにしたいですね。

ちなみに、お肌の方は、fuwari効果でしっかりと守っています。