葉酸を多めにとって欲しい時期

子供の発育を助け、先天性障害の発生リスクを抑える栄養素として、葉酸摂取の重要性は予想以上に知られるようになりましたよね。

けれども、女性が葉酸を摂取し始めるのは、妊娠に気づいた後では遅すぎだというやや厳しい指摘があります。

その理由は、妊娠初期こそ欠かさず葉酸を摂取していることが胎児の身体諸器官を形成するために大切な時期だからです。

だとすれば、子供を授かりたいと考える方は、すぐにでも積極的に葉酸を摂取をしていくことが肝心だと言えます。

つまり、妊娠初期こそ、葉酸を多めにとって欲しい時期なのです。

それなら、いつまで多く摂るべきなのかと思うだといえますが、授乳が終わるまで摂り続けるのが理想だと言われています。

中々そこまで意識して続けられないかもしれませんが、最低限、妊娠中期を過ぎるまでは意識して葉酸の摂取を続けて欲しいですね。

また、葉酸は赤ちゃんばかりでなく、母体にも重要な役割を果たす栄養素なので、栄養のアンバランスを招かないように絶えず注意を払ってください。

なので、妊娠を視野に入れている、もしくは妊娠している女性であれば、子供が健康に育っていくため、積極的に葉酸を摂取してください。

しかし、取り入れる量には注意することが必要で、過剰摂取するとデメリットもあるようです。

そのため、1日に必要な摂取量の400ugであるかを確認してみてください。

ちなみに、妊娠中はお母さんも便秘になりやすく人が多いようです。

しかし、お腹の赤ちゃんや母体にも悪影響があるので、便秘薬は飲んではいけません。

一番良いのは、ドッサリ感が実感できるはぐくみオリゴなどのオリゴ糖を摂取するようにしてください。